三井住友ビジネスカード評判レビュー。14つのメリットと5つのデメリット。ポイント・年会費・審査・優待・サービスを総合評価

三井住友ビジネスカードの基本情報

三井住友ビジネスカードは、三井住友フィナンシャルグループのクレジットカード事業を担う三井住友カード株式会社が提供する法人カードです。日本ではじめてVisaカードを発行した大手クレジットカード会社であり、そのクレジットカード会社のプロパー法人カードということで高い信頼性のある法人カードとなっています。

三井住友カードのプロパー法人カードには「三井住友ビジネスカード for Owners」がありますが、法人のみを対象に作られたのが「三井住友ビジネスカード」です。

三井住友ビジネスカードは、年会費が格安でありながら、高いショッピング限度額、無料の法人ETCカードを複数枚発行可能など、利便性の高い法人カードとして、多くの法人経営者に利用されています。
メリット
  • 三井住友カードのプロパーカードの信頼性
  • 法人ETCカードは年会費条件付き無料で複数枚発行可能
  • 手厚い海外旅行傷害保険
  • 常に手厚い入会キャンペーン実施
  • 比較的高額なショッピング限度額が可能
  • ゴールドカード、プラチナカードは国内空港のラウンジ無料
  • プラチナカードは、特別なサービスも豊富
デメリット
  • 年会費永年無料ではない
  • ベースのポイント還元率が0.5%と低めの設定
  • 三井住友ビジネスカード for Ownersと比較するとポイント倍増特典が手薄
  • 法人ETCカードの年会費は、年1回以上の利用という条件付き
  • クラシックカードのショッピング保険は、海外限定
  • プラチナカードは、30歳以上しか作れない
発行スピード
(3.5)
審査の通りやすさ
(2.5)
限度額の高さ
(3.0)
管理画面・明細
(4.5)
ポイントのお得さ
(3.0)
年会費の安さ
(3.5)
サポート対応
(4.0)
ステイタス性
(3.5)
海外利用・ホテル優待
(2.0)
レストラン優待
(2.0)
総合評価
(3.5)

三井住友ビジネスカード年会費・追加カード・ETCカード比較

  • クラシックカード 年会費:1,375円
  • クラシックカード 追加カード年会費:440円
  • クラシックカード ETCカード年会費:550円※年1回利用で無料
国際ブランドVISA,MastercardVISA,MastercardVISA,Mastercard
カードランク一般カード,プロパーカードゴールドカード,プロパーカードプラチナカード,プロパーカード
初年度年会費(税込)1,375円11,000円55,000円
2年目~年会費(税込)1,375円11,000円55,000円
年会費優遇条件---
追加カード/初年度年会費(税込)440円2,200円5,500円
追加カード/2年目~年会費(税込)440円2,200円5,500円
追加カード発行枚数制限20枚20枚20枚
ETCカード/初年度年会費(税込)0円0円0円
ETCカード/2年目~年会費(税込)550円※年1回利用で無料550円※年1回利用で無料0円
ETCカード発行枚数制限無制限無制限無制限

三井住友ビジネスカードポイント還元率・マイル還元率比較

  • クラシックカード ポイント還元率/基本:0.50%
  • クラシックカード ポイント還元率/上限:9.00%
  • クラシックカード キャッシュバック:○キャッシュバック率0.3%~0.5%
カードランク一般カード,プロパーカードゴールドカード,プロパーカードプラチナカード,プロパーカード
ポイント還元率/基本0.50%0.50%0.50%
ポイント還元率/上限9.00%9.00%9.00%
ポイント倍増方法●ココイコ!
カラオケの鉄人:18倍
紳士服の青山:6倍
Victoria:4倍
百貨店:3倍
レストラン:2倍
●ココイコ!
カラオケの鉄人:18倍
紳士服の青山:6倍
Victoria:4倍
百貨店:3倍
レストラン:2倍
●ココイコ!
カラオケの鉄人:18倍
紳士服の青山:6倍
Victoria:4倍
百貨店:3倍
レストラン:2倍
ポイントサイト経由●ポイントUPモール
最大20倍
●ポイントUPモール
最大20倍
●ポイントUPモール
最大20倍
ポイントプログラムワールドプレゼントワールドプレゼントワールドプレゼント
マイル還元率/基本0.30%0.30%0.30%
マイル還元率/上限7.20%7.20%7.20%
マイル取得方法●ポイント交換
ANAマイル:1p → 3mile
クリスフライヤーマイレージ:1p → 3mile
●ポイント交換
ANAマイル:1p → 3mile
クリスフライヤーマイレージ:1p → 3mile
●ポイント交換
ANAマイル:1p → 3mile
クリスフライヤーマイレージ:1p → 3mile
フライトマイルボーナス---
キャッシュバックプログラム○キャッシュバック率0.3%~0.5%○キャッシュバック率0.3%~0.5%○キャッシュバック率0.3%~0.5%

三井住友ビジネスカード旅行傷害保険・ショッピング保険比較

  • ゴールドカード 海外旅行傷害保険:最高5,000万円
  • ゴールドカード 国内旅行傷害保険:最高5,000万円
  • ゴールドカード ショッピング保険/国内:最高300万円
カードランク一般カード,プロパーカードゴールドカード,プロパーカードプラチナカード,プロパーカード
ショッピング保険付帯条件カード購入+200日間カード購入+200日間カード購入+200日間
ショッピング保険/海外最高100万円最高300万円最高500万円
ショッピング保険/国内-最高300万円最高500万円
海外旅行傷害保険付帯条件利用付帯自動付帯 ※利用時と補償内容が変わる自動付帯
海外旅行傷害保険/家族特約条件--本会員の配偶者、本会員と生計を共にする同居の親族・別居の未婚の子
海外旅行傷害保険/死亡・後遺障害最高2,000万円最高5,000万円最高10,000万円
海外旅行傷害保険/傷害治療費用最高50万円最高300万円最高500万円
海外旅行傷害保険/疾病治療費用最高50万円最高300万円最高500万円
海外旅行傷害保険/賠償責任最高2,000万円最高5,000万円最高10,000万円
海外旅行傷害保険/携行品損害最高15万円最高50万円最高100万円
海外旅行傷害保険/救援者費用最高100万円最高500万円最高1,000万円
海外航空機遅延保険/乗継遅延費用保険金(客室料・食事代)--最高2万円
海外航空機遅延保険/出航遅延費用等保険金(食事代)--最高2万円
海外航空機遅延保険/寄託手荷物遅延費用保険金(衣料購入費等)--最高2万円
海外航空機遅延保険/寄託手荷物紛失費用保険金(衣料購入費等)--最高2万円
国内旅行傷害保険付帯条件-利用付帯自動付帯
国内旅行傷害保険/死亡・後遺障害-最高5,000万円最高10,000万円
国内旅行傷害保険/入院日額-5,000円/日5,000円/日
国内旅行傷害保険/手術費用-最高20万円最高20万円
国内旅行傷害保険/通院日額-2,000円/日2,000円/日
国内航空機遅延保険/乗継遅延費用保険金(客室料・食事代)--最高2万円
国内航空機遅延保険/出航遅延費用等保険金(食事代)--最高2万円
国内航空機遅延保険/寄託手荷物遅延費用保険金(衣料購入費等)--最高2万円
国内航空機遅延保険/寄託手荷物紛失費用保険金(衣料購入費等)--最高4万円

メリット

1.三井住友カードのプロパーカードの信頼性

三井住友ビジネスカードは、三井住友カード株式会社のプロパーカードの法人カードです。三井住友カードは、英Barclaysに次いで米国以外の企業で2番目にVisaと契約し、日本ではじめてVisaブランドのクレジットカードを発行した、大手のクレジットカード会社です。

日本屈指のカード会社である三井住友カード株式会社のプロパーカードの法人カードであることは、一般カードであっても、一定レベルの信頼性がある法人カードと言えます。

2.法人ETCカードは年会費条件付き無料で複数枚発行可能

三井住友ビジネスカードの法人ETCカードは

  • 1枚の親カードに付き、複数枚の発行が可能
  • 年会費:無料 ※前年度に一度も利用がない場合は、550円

という設定の法人ETCカードです。

年会費は実質無料ですので、親カードの年会費1,375円だけで、10枚でも、20枚でも、50枚でも、法人ETCカードを発行できるのは、全体で考えるとかなりコストを抑えてETCカードを利用することができる法人カードです。

3.手厚い海外旅行傷害保険

三井住友ビジネスカードは

一般カード 海外旅行傷害保険:最高2,000万円(利用付帯)
ゴールドカード 海外旅行傷害保険:最高5,000万円(自動付帯・利用付帯)
ゴールドカード 国内旅行傷害保険:最高5,000万円(自動付帯・利用付帯)
プラチナカード 海外旅行傷害保険:最高1億円(自動付帯)
プラチナカード 国内旅行傷害保険:最高1億円(自動付帯)
プラチナカード 航空便遅延保険:2万円(自動付帯)

と、手厚い旅行傷害保険を用意しています。

一般カードであっても、海外旅行傷害保険は付帯されているため、国内出張、海外出張の機会が多い法人経営者におすすめです。

4.常に手厚い入会キャンペーン実施

不定期で

  • 1万円~3万円程度の入会キャンペーン

を実施しています。

一般カードでも、数千円~1万円程度のポイントが付与されるため、それだけで年会費の5年分、10年分は元が取れてしまうのです。

5.一般カードでも、比較的高額なショッピング限度額が可能

三井住友ビジネスカードは

  • 一般カードのショッピング限度額:20~150万円
  • ゴールドカードのショッピング限度額:20~300万円
  • プラチナカードのショッピング限度額:150~500万円

という設定です。

ゴールドカード、プラチナカードのショッピング限度額が大きいのは、他の法人カードでも同じですが、一般カードのショッピング限度額が大きいのは、三井住友ビジネスカードの大きなメリットと言えます。

6.ゴールドカード、プラチナカードは国内空港のラウンジ無料

ゴールドカードは

  • 国内の主要空港のラウンジ32カ所
  • ハワイ:ダニエル・K・イノウエ国際空港のラウンジ

を利用することができます。

プラチナカードの場合は、上記の空港ラウンジを

  • 同伴者1名無料

で利用することができます。

さらに

  • 海外空港ラウンジサービス「プライオリティ・パス」

を付帯できるので、海外空港ラウンジも利用可能です。

国内出張、海外出張、経営者の海外旅行の際に、待ち時間で効率的に仕事ができるメリットがあります。

7.プラチナカードは、特別なサービスも豊富

三井住友ビジネスプラチナカードには、一般カードやゴールドカードにはない様々なサービスが用意されています。

  • コンシェルジュサービス:プラチナカード限定コンシェルジュデスク
  • D’sラウンジトーキョー:大丸東京店にあるラウンジ「D’sラウンジトーキョー」「SMBCパーク 栄」無料
  • プラチナオファー:限定イベント
  • Visaプラチナゴルフ:有名ゴルフコースの優待
  • プラチナグルメクーポン:2名以上のコース利用で1名分無料
  • ダイニング by 招待日和:2名以上のコース利用で1名分無料
  • プラチナワインコンシェルジュ:ワインの特別販売
  • Visaプラチナ ラグジュアリーダイニング:5,000円相当の割引クーポン
  • プラチナホテルズ:国内約50のホテルと旅館での優待料金
  • カードご利用プレゼント:6カ月間のカード支払い額の0.5%相当額を年2回プレゼント

挙げていけばキリがありませんが、最上位のプラチナカードでは、年会費が高額な分、様々な優待サービスが用意されています。

接待や出張の多い方であれば、簡単に年会費の元を取ることも可能です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です